プリザーブドフラワーなら手を加えやすい

プリザーブドフラワーの作り方をご存じでしょうか。一度専用の液につけることにより完全に色が抜けます。そのあと専用の着色液につけて色を染めます。この時の行程によって、自然ではありえない色の花を生み出すことも可能なのです。
そのあと、乾燥させれば完成となります。乾燥させるとはいえ、専用の液に浸けることによって、みずみずしい姿のまま保つことができます。乾燥させるのはドライフラワーなどと同じですがその前の行程で完成した後の姿が全然違うものになるのです。


プリザーブドフラワーならアレンジも自由

造花とは違う、生花に独自の手を加えることによりそのきれいな姿を長く保つことができるプリザーブドフラワー。
色も人の手によるものです。これにより、専用のボックスやフレームに入れるなどしても水やりの必要がありませんから、飾りつけは自由です。


香りづけもできる

香りもにおいも一回なくなってしまいます。ですがそのあとコロンなどで自分の好みの香りをつけることが可能です。
これで、色も香りも自分の理想の花が完成します。プリザーブドフラワーなら、アレンジなど後から手を加えることが簡単なので、楽しみ方のバリエーションが広いですよね。