プリザーブドフラワーはお見舞いに使っても大丈夫?

プリザーブドフラワーのアレンジメントは、一度樹液などを抜き取ったお花を染め直して、職人さんが組み立てなおしています。鉢植えなどは根付く、寝付くという掛け詞から、お見舞いなどには利用できませんが、プリザーブドフラワーのアレンジメントは基本的にダメなことはありません。実際に、病院の中にあるお花屋さんでも扱うところが多くなっているほどです。


プリザーブドフラワーは花粉もないので安心

病棟などでは感染症や、複数人が入院する病床の場合、生花の持ち込みに制限がかかっていることがあります。ユリの花など香りが強いものは、苦手という人もいるからです。アレルギーや清潔面から、生花は持ち込まないことをルールにする病院も多くなっているそうです。プリザーブドフラワーは香りや花粉などもないため、この制限には引っかかりません。


花器などが嫌な場合はお花だけのアレンジメントを

しかし、花器に入っているものだと割れてしまうことなどが不安な場合、薔薇などをケースに入れるだけのアレンジメントを行っているものを選ぶといいでしょう。持ち帰るときも安心ですし、万が一、遠くて持ち帰れないという場合でも、看護師さんにナースセンターなどに飾ってください、と渡すこともできるのです。